あんぱんしょくぱんクリーパーン

ゲームな日々とあれこれ

装備を選んでダンジョン制覇&ボスバトル「スーパーダンジョンズ」

マーケットプレイス】スーパーダンジョンズ【内容紹介・ネタバレ】

f:id:nana0game:20200514184149p:plain

タイトル:スーパーダンジョンズ(990コイン)
メーカー:Razzleberries
ボス戦がしたい!という理由で子供が購入。好きな装備を選んで6つのダンジョンを進み各ボスを倒す、という王道だけど何度でも楽しめる作りになっています。「次はこの装備でいく!」と最後までテンション高く遊んでいました。(※ダンジョン内はパルクール(アスレチック)で進むことが多いです)

スーパーダンジョンズ:序盤の説明

f:id:nana0game:20200514184153j:plain

ロビーにあるボタンを押すと、装備が選べる場所にテレポートします。

レベルを10捧げるとその装備のロックが解除されます。

(装備前のボタンを押す⇒レベルが10ひかれる⇒もう一度ボタンを押す⇒それがキャラクターに装備される)

ダンジョンを1つクリアするとレベルが10貰えるので、今後、違うダンジョンに行く前にここで装備を選ぶことができます。

f:id:nana0game:20200514184156j:plain

装備を選んで奥に見える金ブロックのボタンを押すと・・・各色のブロックが現れ、それに該当したダンジョンに行くことができます。(ブロックが現れる演出がカッコいい!)

水色・黄緑・黄色・赤・ピンクは好きな順番でいけますが、紫だけは他を全てクリアしないと入ることができません。

スーパーダンジョンズ:ステージ内容

それぞれのダンジョン内部は4つほどのエリアに分かれています。エリアをクリアすると次のエリアに続くドアやボタンが現れます。

エリア内容は大きく分けて「旗をとってくる」「ピストンを使ったパズル」「パルクール+α」となっています。(その他は迷路やボートを使って進むエリアなども。)

f:id:nana0game:20200514184200j:plain

まずは「旗を取って来て指定された場所にその色の旗を立てる」です。エリア内にある3本の旗を取って同じ色のブロックの上にたてます。高い所からエリアを眺めると旗を見つけやすかったです。

f:id:nana0game:20200514184205p:plain

次は「ピストンを使ったパズル」エリアです。全部のダンジョンではありませんが半分かそれ以上はこのエリアがあった気がします。

ピストンを上手く使ってコンクリートパウダーを穴に入れます。(粘着ピストンに注目するとクリアしやすくなるかな?)

黄色のボタンがリセットボタンとなりコンクリートパウダーが初期位置に戻ります。

赤のボタンを押すと、解けなくてもパズルは強制的にクリアとなりますが、敵モブが出現します。

パズルを解くか、赤ボタンを押すと、次のピストンパズルの場所のにボタンが現れて操作可能となり、だいたいエリア内に3問設置されています。

f:id:nana0game:20200514184214p:plain

最後は「パルクール+α」エリアです。

パルクールだけで次のエリアへのドアを目指す

パルクールで進んでエリア内に配置されたレバーやボタンを操作する

といったエリアも多くありました。

もう少しでゴールなのにスケルトンのナイスショットで落とされたりと、あるあるも。

そうして各エリアを進んでいくとボス戦となります。

スーパーダンジョンズ:全ダンジョンクリア後

f:id:nana0game:20200514184217p:plain

全部のダンジョンをクリアするとボス戦だけが戦える「アーケードモード」が解放されます。ボス戦前に装備を決めることができるので全装備で戦ってみることも可能です。(出現するボスはランダムのようでした)

スーパーダンジョンズ:プレイ後感想

ほぼパルクールで進む為、私は最初のダンジョンの最初のエリアで脱落しましたが、子供は一人でいつの間にかクリアしていました。(親の威厳ゼロ)

そんな子供にヒーローインタビューをしてみました。

Q:英語読めないのにできたの?

A:進んでいるとなんとなく雰囲気だけでわかるから大丈夫だった

Q:強かった装備・楽しかった装備は?

A:楽しかったのは毒(正体はタマゴ)を投げるやつ、強かったのは弓と雪玉。雪玉マジで凄い

Q:難しくなかった?

A:いろんな場所にあるチェストからアイテムが貰えたから戦いは問題なかった。アスレは何度もやり直したなぁ(王者の微笑み)

とのことでした。

アスレ大好き戦うの大好き装備選ぶのメッチャ楽しい、ということで子供的には買って満足のいく作品だったようです。

値段が値段だけに「買うの?」となりましたが、いろいろな装備があったり、ダンジョンがしっかりと作りこまれていたりとそれ相応の作品だと思いました。